IKEAのザリガニパーティー2010年08月08日 19:45


IKEA2010カタログ

先日、スウェーデンの家具チェーン、IKEAのプレスカンファレンスに行ってきました。8月1日発刊の新カタログのお披露目で、新製品&目玉商品や新サービスの紹介etc.がありました。IKEAのカタログは、2億冊も発行され、単体のカタログでは世界で最多とか。日本では900万部が配布されます。ストアの近隣エリアには今月からポスティングされているそうですから、すでにお手元に届いているお宅もあるでしょうね。

IKEAでは、わが家を見直す1日にしてほしいという願いをこめて、8月1日を「やっぱり家の日」に制定。日本記念日協会による“認定証”までプレスキットの中に入っていました。スウェーデンの会社なのに日本語の語呂にあわせてるのが粋ですね。制定の由来については、社長インタビューもご覧ください。フィンランドの方を取材したことがありますが、北欧の人たちってホントに家やインテリアを大切にするんですよね。

スウェーデンの開発本部には3LDKの標準的なモデルルームが設置され、今後ますます日本の住環境にあわせた提案をしていくとのこと。欧米の家具は素敵だけど、“ウサギ小屋”の日本にはあわないという偏見を解消するため(?)、新カタログではIKEAジャパン独自の企画が約50ページ盛り込まれています。新サービスや値下げも続々で、日本市場に対する本気度を感じました。いずれは福岡にも店舗ができるようですね。

ザリガニパーティ

プレス発表のあとは、ザリガニパーティが用意されていました。スウェーデンでは夏の風物詩として8月8日におこなわれる行事だそうです。真っ赤にボイルされたザリガニ。インパクトあります。ロブスターやエビと違って身はあんまりないんだけど、ディル風味の塩味がほどよく効いて後をひく感じ。しゃぶりながらビールを飲んで、ワイワイやるのは楽しいだろうなあ。定番のサーモンやミートボールのほか、ケーキ、パン、ジュース、アクアビットetc.も用意され、スウェーデンフードが楽しめました。

ラース社長とMr.ダニエルが食べ方を実演してくださいました(オフィシャルブログで写真が見られます)。2人とも北欧のイケメン。背が高くてカッコいいです! 食事中に音を立てるのはマナー違反だけど、ザリガニに限っては、お蕎麦のようにズズッとすすりながら食べてOKだそうですよ。

ザリガニグッズ

パーティ用のグッズもたくさんあって、テーブルにはザリガニ柄の帽子やナプキン、エプロン、ソングブック(みんなで歌うらしいです)が用意されていました。壁に掛かったザリガニが連なるデコレーションもいい感じ♪ 円形の提灯は月を擬人化したものだそうです。ザリガニに対するスウェーデンの人々の熱い思いが伝わってきますね(^_^;)

プレスカンファレンスの会場は駐車場、パーティはレストランの一角でおこなわれましたが、どちらもシンプルながらおしゃれ。ホームファニッシングの会社にふさわしい、アットホームなおもてなし感に満ちたイベントでした。

空飛ぶヤコブさん@IKEA2010年04月17日 00:15

空飛ぶヤコブさん@IKEA
新三郷ららシティに行ったのは、以前、取材でお世話になった方がIKEA新三郷店にいらっしゃることがわかったからでした。目的はショッピングではなくリサーチでしたが、雑貨コーナーはやっぱり目に毒です。夏用のアイテムや新作をチェックしつつ、心を鬼にして通り過ぎました(^_^;) 

レストランではまずモーニングを。ショップは10:00スタートですが、こちらは9:30から。腹ごしらえをしてお買物をというわけですね。これがすっごくオトクなんです。ファミリーカードがあれば(即日発行)フード代だけでドリンクバーが無料になり、コーヒーやお茶、ジュース類が飲み放題。しかも、「モーニングプレート」(写真左下)は99円!ワンコインで朝ご飯が食べられますよ(^_^)

新メニューの「スウェディッシュフラッグロール」(写真右下)にも目がクギづけ。スウェーデン国旗をイメージした青×黄は、食品としてはありえない色。見た目はドン引きですが、人工着色料は使ってないそうで、マンゴー風味のクリームがおいしいサワヤカなお味でした。

ランチには期間限定の「スウェディッシュイースタープレート」(写真右上)をシェアしながら、新メニューの「空飛ぶヤコブさん」(写真左上)をいただきました。一見、ハヤシライス風ですが、甘めでコクのあるまろやかなお味のチキンクリームシチューで、ナッツがトッピングされています。愉快な名前も含めて、伝統的な家庭料理だそうです。

不思議なネーミングの由来は、航空会社にお勤めのヤコブさん。奥さんが外出中のある日、子どもたちの食事をつくることになりました。でも、材料は、生クリーム・ケチャップ・チキン・バナナしかない。じゃあ、全部入れてつくっちゃえ! ところが完成した料理は意外においしかったのでした・・・だそうです。とろみと甘みの秘密はバナナだったんですね。

スウェーデン流のメニューが食べられるのも、IKEAの魅力。自社商品でコーディネートされた空間はシンプルで居心地がよく、北欧独得の色使いやテキスタイルが効いてます。セルフサービスだけど、日本の商業施設のフードコートよりおしゃれで落ち着けるのは、さすがホームファニッシングの会社だなあと思いました。

写真左上:空飛ぶヤコブさん¥499 鶏肉、ズッキーニ、バナナペーストが入ったやさしい味のシチュー。ライス付き。
写真右上:スウェディッシュイースタープレート¥699 ミートボール、サーモン、ニシンetc.が少しずつ入っています。
写真左下:モーニングプレート¥99 ソーセージ+オムレツ+ミックスベジタブルでこのお値段!(11:00まで)
写真右下:スウェディッシュフラッグロール¥199 旗がなくても一目瞭然(^_^;)

☆IKEA新三郷店/レストラン
http://www.ikea.com/jp/ja/store/shinmisato/restaurant

デンマーク料理 Café Daisy2009年12月02日 18:34

Café Daisy
国立新美術館を出た後は、近くにあるデンマーク料理のお店へ。たまたま見たブログで紹介されていて、あの周辺は日曜がお休みのトコが多いし、一度ゼヒと思っていました。

マンション1階にあるCafé Daisyは、都内はもちろん全国でも唯一の本格的デンマーク料理のレストラン。この地で13年以上、営業しているそうです。小ぢんまりした外観ですが、店内は意外と広く、北欧の家具やインテリアでアットホームな空間にまとめられていました。

休日なので、ドリンク(ビールやワインも選べます)付きのブランチセットに。ハニーマスタードソースのローストチキンと、サーモンのマリネ+ニシンの酢漬け+海老etc.のお魚の盛り合わせを1つずつ選んでシェアしました。ハーブが効いた優しいお味は日本人の口にもあいますね。自家製のパンがほんのり暖かく、美味しかったです。オムレツやキッシュのセットもきれいだったので、次回はそちらをいただいてみたいなあ。

写真上:入口にはデンマークの国旗が。道路に面した場所は。サンルーム風のテラス席になっていました。
写真下:手前がチキン、向こうがお魚のセットです。ロイヤルコペンハーゲンの食器もさすがにぴったり♪

☆デンマーク料理 Café Daisy
http://www.cafedaisy.com/index.cfm
国立新美術館からスグ。可愛いデイジーの看板が目印。

プレミアムロールケーキ2009年11月05日 21:50

プレミアムロールケーキ
ロールケーキが好きです。あのクルッと渦巻きなたたずまい、スポンジとクリームのコラボレーション。装飾の少ないシンプルさにも魅かれます。

でも、ロールケーキって普通は1本単位でしょ。たくさんはいらないけど、おやつにちょこっと食べたいなあ・・・という時にぴったりなアイテムがコレです。

ローソンのウチカフェシリーズのプレミアムロールケーキは、気軽に買える1人分サイズ。スポンジの真ん中に生クリームがたっぷり入っていて、付属のスプーンで食べるスタイルです。おおっ、ふわっとしたスポンジもイケルし、クリームもコクがあっておいしい! ロールケーキ好きとしては、もう一巡、巻きが欲しいところですが、これで150円はお手頃。結構な満足感があります(^_^)

☆プレミアムロールケーキ/ローソン・ウチカフェシリーズ
http://www.lawson.co.jp/recommend/uchicafe/premium/index.html

下記の本をお手伝いさせていただいたコンセプトクリエイター、柴田陽子さんがブランド戦略を手がけられたので注目してたんですけど、シリーズ中でも、ロールケーキがダントツの人気とか。発売直後に品切れの店舗が続出したというのも納得です。コンビニスイーツも進化してますね〜。

☆はじめてリーダーになる人の教科書(本ブログの過去記事です)
(発売時)http://officesasaki.asablo.jp/blog/2009/04/23/4261601
(重 版)http://officesasaki.asablo.jp/blog/2009/05/19/4312703
(5 刷)http://officesasaki.asablo.jp/blog/2009/08/20/4529934

※知人のイラストレーター、山田里チャンがホームページを開設しました! 
 かわゆいイラストがいっぱい。絵日記みたいなブログもほのぼのしていて楽しいです♪
(サイト)http://www.ab.auone-net.jp/~satomilk/
(ブログ)http://blogs.dion.ne.jp/nonnamilk/

揚子江菜館@神保町2009年10月23日 11:42

揚子江菜館@神保町
桂川さんのブックデザイン展に出向き、神保町界隈をひさびさに歩きました。

☆高麗隆彦と桂川潤のブックデザイン(本ブログの過去記事です)
http://officesasaki.asablo.jp/blog/2009/10/15/4633500

すずらん通り、なつかしい! 腹ごしらえができそうなお店を探していたら、なんとなく惹かれる店構えの中華料理店が。ダンナ曰く「ここ、冷やし中華発祥の店だよ」。それではちょっと時季はずれだけど、と入ってみました。

揚子江菜館は、明治39年創業の上海料理の老舗。神保町は昔、中国の方が多く居住し、横浜の中華街よりにぎわっていた時代もあったとか。それから100年も続いているなんてスゴイですね。店内も食堂というよりレストランっぽい造りで落ち着けます。

冷やし中華の盛りつけは、日本の富士山をイメージしたもので、多彩な具材は四季を表現しているとか。へぇ〜、知らなかった! 名物料理なので1年中食べられます。今回は担担冷麺と炒飯をいただきましたが、細めな麺も独特なコシがあり、かかっているスープがスパイシーでおいしかった。ボリュームもあり、専門店らしいきちんとした“料理”になっているのはさすがですね。次回はゼヒ、元祖冷やし中華にトライしようと思います。

写真:今回はパンフで代用(^_^;) 京劇メイクのマークはインパクトありますね。

☆揚子江菜館(ようすこうさいかん)
(お店サイト)http://www.yosuko.com/
(グルメぴあ)http://g.pia.co.jp/shop/911