「家族の肖像」デジタル完全修復版2017年02月10日 16:21


家族の肖像フライヤー

「家族の肖像」と呼ばれる家族の団欒画コレクションに囲まれて、ローマの豪邸に1人暮らす老教授。失われたものたちに埋もれ、孤独に生きていた生活が、ある家族の闖入によってかき乱されていく——

家族の肖像パンフ

生誕110年、没後40年を記念して昨年から再公開が続く、ヴィスコンティ作品の掉尾を飾るのが「家族の肖像」です。日本では1978年の初公開時から数えて、実に39年ぶりにスクリーンに蘇ります。えっ、そんなに経ってるの?と驚きましたが、昔はリバイバル上映する名画座がまだまだあったんですね。

ヴィスコンティ作品は短編のドキュメンタリー以外はすべて見ていますし、何回も見直している作品もありますが、「家族の肖像」は映画祭やテレビ放映etc.でも機会がなく、ほんとうに久しぶりに見ることができました。

絢爛豪華な貴族の世界とはまた違うテイストの作品。前年に病に倒れたため、完全な室内劇ですが、緻密に計算されたヴィスコンティの演出の凄みが伝わってきます。若い頃はストーリーを追いがちですが、老教授の心境にシンクロして見てしまうのは、それだけ歳をとったということでしょう(苦笑)

家族の肖像パンフ2

バート・ランカスターの渋い老教授役は素敵ですが、やっぱりヴィスコンティ映画のヘルムート・バーガーは別格です。どのシーンでも存在感があり、ファッションも決まっていて、あと10年ヴィスコンティが生きていたら、彼も名優と呼ばれ、ランカスターのような役を演じることもあったのでしょうか。去年、怪作「俳優、ヘルムート・バーガー」というドキュメンタリーを見てしまったので、余計にそう思うのでした…。

デジタル完全修復版の制作には、イタリアのファッションブランドFENDIが協力したそうです。全体にアンダーな画面ですが、シルヴァーナ・マンガーノが着用している毛皮のコートの質感が見事に再現されていました。レトロなアパルトマンがモダンなインテリアに生まれ変わる場面もイタリアらしく、興味深かったです。

「家族の肖像」デジタル完全修復版
監督・脚本/ルキーノ・ヴィスコンティ
出演/バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ヘルムートバーガーetc.
イタリア=フランス/1974年/121分
2017年2月11日より岩波ホールほか、全国順次ロードショー!


映画「渾身」2013年01月21日 09:21


映画「渾身」

島で生まれ育った多美子は、夫の英明と前妻の娘、琴世と穏やかに暮らしていた。島を飛び出した過去のある英明は、周囲の人々に認めてもらうため、古典相撲をはじめ、遂に20年に一度の相撲大会には最高位の正三役大関に選ばれる。地区の名誉と誇り、家族への想いを賭けて、生涯に一度の大一番に挑む——

相撲の原点と言われる隠岐古典相撲を題材にした映画です。隠岐の美しい自然をバックに、出雲大社に次ぐ格式を誇る隠岐一之宮・水若酢(みずわかす)神社の遷宮相撲を中心に物語は進んでいきます。

島伝統の相撲を愛し、大切にしている人々。相撲が国技である意味、神事に奉納されていたというルーツがよくわかりました。大地に向かって四股を踏み、五穀豊穣を祈る力士は神聖な存在なのですね。なんの道具も使わず、鍛え上げられた生身の肉体がぶつかりあう取り組みは迫力があり、力強い躍動感がありました。

行司や呼び出しさんの口上、口跡の見事さにもほれぼれ。土俵の準備から練り歩き、土俵入り。そして、一晩に300番もの勝負が繰り広げられる興奮が丁寧に描かれ、伝統行事に込められた知恵と祈り、日本人の大切にしてきたものがしみじみと伝わってくる作品でした。

大相撲初場所が開かれていますが、幕内で活躍中の隠岐の海(イケメン力士としても注目だそう)は、隠岐島から誕生した初の幕内力士だったんですね。古典相撲がいまの大相撲にも脈々と受け継がれているんだなあ。まだ行ったことのない隠岐諸島を訪ねてみたくなりました。

監督/錦織良成 原作/川上健一
出演/伊藤歩、青柳翔、甲本雅裕、笹野高史ほか
日本/2012年/134分
新宿ピカデリーほか、全国ロードショー!

映画「ジョン・レノン、ニューヨーク」2011年07月25日 19:01


ジョン・レノン、ニューヨーク

ジョン・レノンがもっとも愛した街、自分自身を取り戻した街、そして彼の命を奪った街、ニューヨーク。彼と活動をともにした友人、ミュージシャン、そしてオノ・ヨーコの証言をもとに、ジョンの後半生に迫る——

先週、試写会で見た映画です。「ダブル・ファンタジー」は大好きなアルバムで、ビートルズにもお気に入りの曲がたくさんあるけれど、ジョン・レノンが解散後、アメリカに渡り、どんな生活を送っていたのかはよく知りませんでした。

今回、この映画を見て、ヨーコ・バッシングが巻きおこるイギリスに嫌気が差して渡米したものの、その影響の強さゆえにアメリカ政府からマークされ、国外退去を命じられていたことetc.を初めて知りました。本当に平穏な生活が訪れたのは、息子ショーンが生まれ、永住権を獲得した最後の数年だけだったのですね。

今やアーティストとして評価されているヨーコも、イギリスの人々には、得体の知れない「東洋の魔女」がビートルズに割り込み、レノンを奪ってしまったように感じられたのでしょう。当時の写真は日本人の私が見てさえ、異様な存在に思えます。しかし、映像の中のヨーコはコケティッシュで可愛く、とても魅力的な女性。ジョンにとっては運命の出逢いであり、かけがえのないミューズだったのだということがよくわかります。

数多くの映像と貴重な音源で綴られる、ニューヨークでの9年間。ジョン自身の歌声 とともに、あの時代の空気を伝えてくれる映画です。最後のアルバムを発表した後、突然この世を去り、伝説の存在となってしまったジョン・レノン。彼を愛する人々が捧げる限りないオマージュが伝わってくる秀作ドキュメンタリーです。

監督/マイケル・エプスタイン 
出演/ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、エルトン・ジョン他
アメリカ/2010年/120分
2011年8月13日より東京都写真美術館ホールほか、全国ロードショー!

ミツバチの羽音と地球の回転2011年06月18日 12:14


ミツバチの羽音と地球の回転

山口出身のライターMさんと渋谷のユーロスペースへ。おたがい「気になってたんだけど見に行くタイミングがね〜」だったドキュメンタリー映画、「ミツバチの羽音と地球の回転」に行く。

瀬戸内海に浮かぶ山口県の小さな島、祝島。周防灘と伊予灘の間に位置し、貴重な生物が多数生息するエリアは豊かな漁場であり、海の恵みの宝庫だ。ここには28年間も上関原発の建設に反対し続けてきた人々が暮らしている。美しい自然を破壊しないために、次の世代に引き継ぐために、そして何より自分たちの生活を守るために……

カメラは島の暮らしを淡々と映し出す。1000年もの間、受け継がれてきた海の祭り。岩場でひじきを採る人、一本釣りにこだわる漁師、無農薬で大きく実るビワ、手間隙かけた米づくりに励む夫婦、放し飼いにされて土地の開墾に一役かっているブタさんたち、海の幸の新鮮さ、作物のみずみずしさ…。

人間の暮らしが自然の中で成り立っていることがストレートに伝わってくる。対岸の浜辺を埋め立て、高温の排水を海に流す原発の存在は、生活を脅かすものでしかない。

推進派と反対派に分かれた島は高齢化が進む。しかし、島に残り、一致団結して反対運動を続けるおばちゃんたちは、元気で明るい。「電力会社が勝手に振り込んできた金なんか」というおじちゃんたちの心意気。自然を相手に暮らしてきた人たちの強さとまっとうさがまぶしい。知らなかったこと、知ろうとしてこなかったこと、見逃していたものに触れた気がしてなぜか涙が流れてきた。

一方で風力や太陽光など循環型エネルギーの開発に積極的に取り組むスウェーデンの事例が紹介される。電力の自由化が進み、なんと出版社が電気を売り、人々は食品の原料をチェックするように、何からつくられた電気かを確認し、選んで買うことができる。

映画の中で反対派のリーダーは言う。「島の人間だけで原発建設を中止することはできない。しかし、引き延ばすことはできる。時流が変わるのを待つのだ」。2010年春に完成した映画のその後を私たちは知っている。原発の問題は祝島の人たちだけではなく、日本人全体で(地球規模で?)考える現在進行形の課題になった。

深刻なテーマだけれど、ユーモラスな箇所がたくさんあって、登場する人たちの姿に元気をもらえる作品。ぜひたくさんの人に見て欲しい。エネルギー問題に関心がある人はもちろん、原発の立地から遠い都会で暮らす人たちにこそ。

監督/鎌仲ひとみ 日本/2010年/135分
自主上映も続々決定!!

“三鷹の森アニメフェスタ2011”特別上映&講演会2011年03月07日 09:15


三鷹の森アニメフェスタ2011

タチブログのほうで前々からご紹介してきた
アニメーション映画「イリュージョニスト」を週末に見てきました\(^o^)/
“三鷹の森アニメフェスタ2011”のプログラムの一貫として
特別上映会があったのです。

ああ、なんて美しい映像だったことでしょう!
ジャック・タチ脚本×シルヴァン・ショメ監督による
素晴らしいコラボレーション作品です。

哀愁をたたえながらもハートフルなストーリーもよかったのですが、
タチファンにとってはあちこちのシーンに、
モチーフがちりばめられていて感動してしまいます。
ショメ監督が最大限にタチの世界を再現し、
オマージュを捧げた力作ですね。
献辞を見た時に泣きそうになってしまいました。

アニメーションで、ここまでユロ氏(というよりタチ自身)の動き
を再現したことも驚きですが、
ジャック・タチの作品に流れるテイストを見事に取り入れながら、
ショメ監督自身のオリジナリティも存分に発揮。
彼に脚本を託した、タチの娘ソフィーさん(故人)はまさに慧眼でしたね。

上映のあとは、加藤久仁生さんの講演会があり、
アニメーション作家ならではのお話をたっぷり聞くことができました。
しかも「つみきのいえ」が特別上映されるという“サプライズ企画”まで。
一昨年、写真美術館での特集上映を見てはいたのですが、
35mmフィルムでの上映は滅多にないそうで、
その意味でも贅沢なひとときでした。

3月26日からいよいよ劇場公開されますが、
映画館のスクリーンでも絶対見たい!
見るたびに新しい発見と感動がある作品なのは間違いなしです(^_^)