夕刊フジ連載「男の雑貨・店巡り」2017年03月26日 09:11


男の雑貨店巡り イケア

先月中旬(注:2015年11月)から「夕刊フジ」の土曜日発売号で「男の雑貨店巡り」というコーナーを担当しています。仕事帰りに、休日に、家族と一緒に。雑貨・家具・文房具・食品etc.ショッピングはもちろん、遊び場としても楽しいスポットをご紹介する内容です。

3回目に登場したのはIKEA書籍の取材以来、仕事でうかがったのは久しぶり。X'masモードの店内は華やかで、新商品もたくさん拝見して楽しい取材でした。ただ、盛りだくさん過ぎて、男性読者になにをご紹介しようか、迷いに迷ってしまいました。結局、選んだものは・・・機会があったら紙面をご覧くださいませ。

男の雑貨店巡り カルディコーヒーファーム

基本的に前後編の2回で1つのショップを取り上げ、1回目は「ヴィレッジヴァンガード」、2回目は「カルディコーヒーファーム」をご紹介しました。お店の方から直接、売れ筋商品やトレンドをお聞きできるのは興味深いですね。知っているつもりで見落としている意外なアイテムもあります。ヴィレッジでは日本野鳥の会のレインブーツ、忘年会・新年会の景品によさそうな笑える系のカレーに魅かれました。

男の雑貨店巡り  ヴィレッジヴァンガード

「カルディコーヒーファーム」は輸入食材だけでなく、日本の美味しいモノにも力を入れているそうで、男性にもファンが多いという、黒糖くるみをさっそく買ってしまいました(^_^;) 知られざるヒット商品、たくさんありますね。
新年からはこだわり系のアイテムもご紹介していくつもりです。どうぞお楽しみに☆                                 (2015.12.13)

〈ラインナップ紹介&追記〉
☆11/14発売号に「ヴィレッジヴァンガード前編」の記事が掲載されました。
☆11/21発売号に「ヴィレッジヴァンガード後編」の記事が掲載されました。
☆12/5発売号に「カルディコーヒーファーム前編」の記事が掲載されました。
☆12/5発売号に「カルディコーヒーファーム後編」の記事が掲載されました。
☆12/12発売号に「IKEA前編」の記事が掲載されました。
☆12/19発売号に「IKEA中編」の記事が掲載されました。(2015.12.20)
☆12/26発売号に「IKEA後編」の記事が掲載されました。(2015.12.27)
☆1/9発売号に「蔦屋家電 前編」の記事が掲載されました。(2016.1.11)
☆1/16発売号に「蔦屋家電 後編」の記事が掲載されました。(2016.1.17)
☆1/23発売号に「アクタス前編」の記事が掲載されました。(2016.1.24)
☆1/30発売号に「アクタス後編」の記事が掲載されました。(2016.1.31)

夕刊フジMoMA

☆2/6発売号に「MoMA DESIGN STORE前編」の記事が掲載されました。(2016.2.7)
☆2/13発売号に「MoMA DESIGN STORE後編」の記事が掲載されました。(2016.2.14)
☆2/20発売号に「土屋鞄製造所 前編」の記事が掲載されました。(2016.2.21)
☆2/27発売号に「土屋鞄製造所 後編」の記事が掲載されました。(2016.2.28)
☆3/5発売号に「D&DEPARTMENT 前編」の記事が掲載されました。(2016.3.6)
☆3/12発売号に「D&DEPARTMENT 後編」の記事が掲載されました。(2016.3.13)
☆3/19発売号に「中川政七商店 前編」の記事が掲載されました。(2016.3.20)
☆3/26発売号に「中川政七商店  後編」の記事が掲載されました。(2016.3.27)
☆4/2発売号に「日本橋木屋  前編」の記事が掲載されました。(2016.4.3)
☆4/9発売号に「日本橋木屋  後編」の記事が掲載されました。(2016.4.10)
☆4/16発売号に「印傳屋 上原勇七  前編」の記事が掲載されました。(2016.4.17)
☆4/23発売号に「印傳屋 上原勇七  後編」の記事が掲載されました。(2016.4.24)
☆4/30発売号に「2k540 前編」の記事が掲載されました。(2016.5.1)
☆5/7発売号に「2k540 後編」の記事が掲載されました。(2016.5.8)

夕刊フジ BEAMS

☆5/14発売号に「BEAMS 前編」の記事が掲載されました。(2016.5.15)
☆5/21発売号に「BEAMS 後編」の記事が掲載されました。(2016.5.22)
☆5/28発売号に「はせがわ酒店 前編」の記事が掲載されました。(2016.5.29)
☆6/4発売号に「はせがわ酒店 後編」の記事が掲載されました。(2016.6.5)
☆6/11発売号に「ダルトン 前編」の記事が掲載されました。(2016.6.12)
☆6/18発売号に「ダルトン 後編」の記事が掲載されました。(2016.6.19)
☆6/25発売号に「東急プラザ銀座 前編」の藤巻百貨店の記事が掲載されました。(2016.6.26)
☆7/1発売号に「東急プラザ銀座 後編」の記事が掲載されました。(2016.7.3)
☆7/8発売号に「デルフォニックス 前編」の記事が掲載されました。(2016.7.9)
☆7/16発売号に「デルフォニックス 後編」の記事が掲載されました。(2016.7.17)
☆7/23発売号に「モンベル 前編」の記事が掲載されました。(2016.7.24)
☆7/30発売号に「モンベル 後編」の記事が掲載されました。(2016.7.31)
☆8/6発売号に「能作 前編」の記事が掲載されました。(2016.8.7)
☆8/13発売号に「能作 後編」の記事が掲載されました。(2016.8.14)
☆8/20発売号に「日本百貨店 前編」の記事が掲載されました。(2016.8.21)
☆8/27発売号に「日本百貨店 後編」の記事が掲載されました。(2016.8.28)
☆9/3発売号に「匠大塚 前編」の記事が掲載されました。(2016.9.4)
☆9/10発売号に「匠大塚 後編」の記事が掲載されました。(2016.9.11)
☆9/17発売号に「成城石井 前編」の記事が掲載されました。(2016.9.18)
☆9/24発売号に「成城石井 後編」の記事が掲載されました。(2016.9.25)
☆10/1発売号に「ラカグ 前編」の記事が掲載されました。(2016.10.2)
☆10/8発売号に「ラカグ 後編」の記事が掲載されました。(2016.10.9)
☆10/15発売号に「モトベロ 前編」の記事が掲載されました。(2016.10.16)
☆10/22発売号に「モトベロ 後編」の記事が掲載されました。(2016.10.23)※連載50回目になりました。
☆10/29発売号に「パラブーツ 前編」の記事が掲載されました。(2016.10.30)
☆11/5発売号に「パラブーツ 後編」の記事が掲載されました。(2016.11.6)
☆11/12発売号に「福光屋 前編」の記事が掲載されました。(2016.11.13)
☆11/19発売号に「福光屋 後編」の記事が掲載されました。(2016.11.20)

夕刊フジ 鳩居堂
※おかげさまで連載スタートから1年が経ちました。

☆11/26発売号に「鳩居堂 前編」の記事が掲載されました。(2016.11.27)
☆12/03発売号に「鳩居堂 後編」の記事が掲載されました。(2016.12.4)
☆12/10発売号に「築地場外市場 前編 築地有次」の記事が掲載されました。(2016.12.11)
☆12/17発売号に「築地場外市場 中編 うりきり屋」の記事が掲載されました。(2016.12.18)
☆12/24発売号に「築地場外市場 後編 つきじ常陸屋」の記事が掲載されました。(2016.12.25)
☆1/7発売号に「タミヤプラモデルファクトリー 前編」の記事が掲載されました。(2017.1.8)※連載60回目になりました。
☆1/14発売号に「タミヤプラモデルファクトリー 後編」の記事が掲載されました。(2017.1.15)
☆1/21発売号に「サンクゼール 前編」の記事が掲載されました。(2017.1.22)
☆1/28発売号に「サンクゼール 後編」の記事が掲載されました。(2017.1.29)
☆2/4発売号に「かっぱ橋道具街 前編 銅源サイトウ」の記事が掲載されました。(2017.2.5)
☆2/11発売号に「かっぱ橋道具街 中編 ユニオン」の記事が掲載されました。(2017.2.12)
☆2/18発売号に「かっぱ橋道具街 後編 釜浅商店」の記事が掲載されました。(2017.2.19)
☆2/25発売号に「waltz 前編」の記事が掲載されました。(2017.2.26)
☆3/4発売号に「waltz 後編」の記事が掲載されました。(2017.3.5)
☆3/11発売号に「アメ横 前編 中田商店」の記事が掲載されました。(2017.3.12)
☆3/18発売号に「アメ横 中編 マルイ商店」の記事が掲載されました。(2017.3.19)※連載70回目になりました。
☆3/25発売号に「アメ横 後編 美都商事」の記事が掲載されました。(2017.3.26)

「家族の肖像」デジタル完全修復版2017年02月10日 16:21


家族の肖像フライヤー

「家族の肖像」と呼ばれる家族の団欒画コレクションに囲まれて、ローマの豪邸に1人暮らす老教授。失われたものたちに埋もれ、孤独に生きていた生活が、ある家族の闖入によってかき乱されていく——

家族の肖像パンフ

生誕110年、没後40年を記念して昨年から再公開が続く、ヴィスコンティ作品の掉尾を飾るのが「家族の肖像」です。日本では1978年の初公開時から数えて、実に39年ぶりにスクリーンに蘇ります。えっ、そんなに経ってるの?と驚きましたが、昔はリバイバル上映する名画座がまだまだあったんですね。

ヴィスコンティ作品は短編のドキュメンタリー以外はすべて見ていますし、何回も見直している作品もありますが、「家族の肖像」は映画祭やテレビ放映etc.でも機会がなく、ほんとうに久しぶりに見ることができました。

絢爛豪華な貴族の世界とはまた違うテイストの作品。前年に病に倒れたため、完全な室内劇ですが、緻密に計算されたヴィスコンティの演出の凄みが伝わってきます。若い頃はストーリーを追いがちですが、老教授の心境にシンクロして見てしまうのは、それだけ歳をとったということでしょう(苦笑)

家族の肖像パンフ2

バート・ランカスターの渋い老教授役は素敵ですが、やっぱりヴィスコンティ映画のヘルムート・バーガーは別格です。どのシーンでも存在感があり、ファッションも決まっていて、あと10年ヴィスコンティが生きていたら、彼も名優と呼ばれ、ランカスターのような役を演じることもあったのでしょうか。去年、怪作「俳優、ヘルムート・バーガー」というドキュメンタリーを見てしまったので、余計にそう思うのでした…。

デジタル完全修復版の制作には、イタリアのファッションブランドFENDIが協力したそうです。全体にアンダーな画面ですが、シルヴァーナ・マンガーノが着用している毛皮のコートの質感が見事に再現されていました。レトロなアパルトマンがモダンなインテリアに生まれ変わる場面もイタリアらしく、興味深かったです。

「家族の肖像」デジタル完全修復版
監督・脚本/ルキーノ・ヴィスコンティ
出演/バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ヘルムートバーガーetc.
イタリア=フランス/1974年/121分
2017年2月11日より岩波ホールほか、全国順次ロードショー!


フリーランスのためのおしゃべりサロン第61回2017年01月22日 11:27


新年会 富士山冠雪

寒中お見舞い申し上げます。さて、先日「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では新年会を行いました。会場は昨年に引き続き、8年連続で新宿副都心にあるパークハイアット東京和食のお店「梢」では3年連続でお世話になっています。新年会にふさわしい快晴で、冠雪した富士山を思う存分、眺めることができました。副都心ならではの雄大な景色もご馳走の1つです。

新年会 先付け

先付けとお椀はしみじみと美味しく、新年らしい器で気分がぐっと上がります。

新年会 ふくさ

メインのお弁当は二段重ねのお重。ティーコゼーのようにちりめんの袱紗ですっぽりと覆われています。わくわく感が増すしゃれた演出です。

新年会 お弁当

お重を開けると真っ先に飛び込んでくるのが富士山の形の器。こぢんまりしているように見えて、お造り・煮物・焼き物etc.ボリュームもしっかりあり、食べ応えがあります。おせちとはまた違った新年らしいメニューで、大満足しました。

新年会 ピークラウンジ

梢のランチプランが素敵なのは、デザートを最上階のピークラウンジでいただけること。大きく吹き抜けた空間はガラス張りの天井から明るい光が降り注ぎ、パワースポット的なすがすがしさを感じます。好みのスイーツがチョイスでき、ドリンクはおかわり自由。しかも種類を変えられるという素晴らしさです。

新年会 みんなで

今回はご自身やご家族が体調を崩された方が多く、参加者が少なめでしたが、そのぶん全員でじっくりおしゃべりできました。新年の抱負や今の課題etc.をざっくばらんにカミングアウト(?)できるのは貴重な機会ですよね。夕陽に染まる富士山を拝む時間まで話題はつきず、モチベーションが上がりました♪

新年会 富士山夕陽

毎年、新年会の幹事をしてくださるYさんには心から感謝です。2017年のスタートにふさわしい充実の新年会でした。今年もどうぞヨロシクお願いいたします(^o^)/


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜

あけましておめでとうございます2017年01月05日 06:32


2017年賀

あけましておめでとうございます。

2017年がいよいよスタート。
楽しいコトが先ドリできて
ハッピーなアレコレがどんどんトリこめる
素敵な1年でありますように☆

今年もどうぞヨロシクお願い申し上げます!

冬季休業のお知らせ2016年12月28日 21:40


雪景色2016

2016年も早カウントダウンの季節になりました。

さて、12月29日(木)から1月4日(水)まで、
冬季休業とさせていただきます。 
新年は1月5日(木)よりスタートいたします。

今年は羽田空港のカリスマ清掃員、新津春子さんのご著書、
建築美が光る図書館をご紹介させていただきました。

昨年秋からスタートした
築地場外市場ほか、さまざまなお店を取材させていただき、
日本のモノづくりの底力を実感した年でした。

これからもレギュラーのお仕事を大切にしつつ、
新しいチャレンジをしていきたいと思います。

取材が多かったこともあり、たくさんの方にお世話になりました。
ご縁に感謝しつつ、あらためて御礼申し上げます。
来年もどうぞヨロシクお願い申し上げます。