シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」2009年02月24日 11:01

シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」
実家の母から電話がありました。「チケットが当たったんだけど、アンタ行く?」「え、なんの?」「シルクなんとかの公演。当選おめでとうございますってハガキが来てねえ。今度、見せるから」「・・・わかった。なるべく近いうちに行くね」

もしかして高齢者を狙った当選商法なのでは・・・と疑いつつ、実家に行くと、ペアチケットがすでに到着。カードの入会案内なども同封されていて、半信半疑だったのですが・・・座席指定のちゃんとした(?)招待券のようです。それでもイマイチ、ピンとこず、チラシ掲載のサポーター軍団を見て、ようやく「キャスターの小倉智昭さんがオススメしてたアレか〜」と気づいたのでした(^_^;) 

恥ずかしながら、シルク・ドゥ・ソレイユ自体、全然知らなくて、シルク=サーカス(フランス語で)だと初めて認識しました。アヤシサ100倍で対応してたのに「スゴいじゃん。もらっていいの? わあ、ありがとう!!!」と我ながら見事な手のひら返し。疑ってごめんね〜フジツな娘をお許しあれm(_._)m

というわけで、先週金曜の夜に行ってまいりました。おもしろかった! きれいだった! 見ごたえ満点だった!が正直な感想です。

サーカス自体、ずいぶん前に見たきりでしたが、ストーリー仕立てになっていて、今までのサーカスとは一線を画すものですね。動物は登場せず、人間だけのパフォーマンスですけど、仕掛けが大がかりで演出や音楽も凝っています。ミュージカルのようでもあり、ダンスパフォーマンスのようでもあり・・・演者が続々登場するので、群舞のようにも見えて。

もちろん、サーカスなので、アクロバティックな演し物が中心なのですが、体操や新体操、フィギュアスケートなどを思わせる演技がたくさんあって、次々と展開される高度なワザに目を見張りました。場面転換が鮮やかで、衣裳も豪華で優雅。最初は呆気にとられて、ポカンと見とれてしまいました。

テントの中の円形劇場って独特の雰囲気がありますね。客席がぐるっと取り囲む舞台は、幻想的で美しく夢のような世界です。江戸川乱歩の作品に「パノラマ島綺譚」というのがありますけど、その中に出てくる耽美的な世界を思い出してしまいました。

客層はちびっこから年配の方まで多彩でしたが、客席との交流やコミカルな場面も多く、老若男女が楽しめます。東京ディズニーリゾートに常設劇場があるのもうなずけました(これまた全然、知りませんでしたが(^_^;) 

☆シルク・ド・ソレイユ「コルテオ」公式サイト
http://www.corteo.jp/
5月5日まで、原宿・新ビックトップで開催中!
名古屋・大阪・福岡・仙台でも巡回公演されるそうです。

オペラ「蝶々夫人」2009年01月25日 11:57

オペラ「蝶々夫人」
友人に誘われて、初台の新国立劇場に初めてオペラを見に行ってきました。

演目はプッチーニの「蝶々夫人」。アメリカ海軍士官のピンカートンが、芸者の蝶々さんを身請けして現地妻にするというストーリー。日本人としては微妙な部分も多々あるものの・・・いちずに愛を貫く女性の物語として素直に楽しめました。階段を中心にしたシンプルで美しい舞台装置を活かした演出も効果的だったと思います。

愛のために改宗し、親戚から絶縁されることも辞さない覚悟。帰国した夫を待ち続ける信念。相手の裏切りを知り、子どもの将来を託して死を選ぶ姿(蝶々さんは没落士族の娘という設定で、結婚当時はなんと15歳!)。蝶々さんを演じたのはアルメニアの女性歌手でしたが、ピンカートンとアメリカ領事以外のキャストは日本人で違和感も少なく、息子役で登場する3歳ぐらいの男の子(さすがに歌はなし)もすごく可愛らしかったです。

イタリア語上演ですが、舞台両サイドの電光掲示板に歌詞の日本語訳が表示されるので(やはり日本人にはありがたいです)、物語に溶け込みながら、コーラスやデュエットにもしみじみ聞き入ってしまいました。

でも、やっぱり圧巻は有名なアリア「ある晴れた日に」です。愛しい人を待つ気持ちを情景描写にこめながら歌う姿には感動してしまいました。ピンカートンの脳天気さに引き換え、大和撫子のなんとけなげなことでしょう! 篤姫が言うとおり、女の道は一本道なのでございます(^_^)

異国情緒を押し出したフジヤマ&ゲイシャもの・・・という先入観がありましたが、当時(初演は1904年)としては、日本人の価値観をかなり正確に汲み取っている作品だったんですね。伝統ある国日本に対して、新興国アメリカの不実なふるまいを揶揄しているようにも感じられて、認識を新たにしました。

しかし、オペラはCDだけ聞いてもわかりません・・・やっぱり舞台を見てこそ。歌詞の意味さえわかれば、歌舞伎との共通点も多く、日本人にも楽しめると思います。というか、オペラって西洋の歌舞伎だったのね! このところ、引きこもって原稿と格闘していたので、いい気分転換になりました♪

☆オペラ「蝶々夫人」@新国立劇場
http://www.atre.jp/preview/09butterfly/
前回公演の写真が中心なのが残念ですが・・・舞台の雰囲気はわかっていただけると思います。