フリーランスのためのおしゃべりサロン第63回2017年04月17日 09:30


アロマワークショップ1

「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では、アロマワークショップを開催しました。タイトルは「アロマで美肌に〜フランキンセンス精油でボディケア」。薄着になる季節、そろそろデコルテまわりが気になってきますよね。

講師の小林彩子さんは、デザイナー&アロマテラピスト。グラフィックのお仕事のほか
アロマに関する多彩なワークショップをなさっています。今回はFOSメンバーのためのメニューを考えていただきました。

アロマワークショップ2

前半では代表的な8つのアロマをかぎ分けながら、それぞれの香りの特徴と効果をお勉強。イエス・キリスト誕生の時、黄金やミルラ(没薬)とともに捧げられたという、フランキンセンス(乳香)の樹脂を拝見しました。透明感のある神聖な香りが特徴ですが、上質なオマーン産のものはトパーズのよう。楊貴妃は部屋中にこの樹脂を塗っていたとか。香りからも美しさを追求していたんでしょう…贅沢ですね(^_^)

アロマワークショップ3

後半は、フランキンセンスと自分の好きな香りを選んで、ボディバターづくりを。デコルテまわりのケアを教えていただいて、さっそく試すと・・・鎖骨回りの血行が促進されたせいか、顔色がよくなり、フェイスラインも心なしか、あがりました。
しばらく、このボディバターでお手入れを頑張りたいと思いますp(^_^)q

アロマワークショップ4

持ち帰ったテスターを嗅ぐだけでいい気分♪ アロマは、アンチエイジングや美肌のほか、気分転換やモチベーションアップにも効果があるんですね。花粉症の症状緩和には、ペパーミントやユーカリがよいそうです。古くから伝わる天然成分の精油。心と身体の両方に働きかけてくれるので、うまく活用していけたらと思いました。

アロマワークショップ5

会場のアシュタームギャラリーも素敵でした♪ FOSメンバーのvivianさんこと、松原佐枝子さんがオーナーで、今回のセッティングをしてくださいました(ワークショップの素敵なお写真もありがとう!)お会計を担当してくださったジュエリーデザイナーの松田幸子さんにもあらためて感謝! お2人には企画からお世話になり、ほんとうにありがとうございました。

杉山亭オムライス

ワークショップの前にランチした杉山亭のオムライス。ケチャップライスとゆるめのオムレツ、ドミグラスソースのバランスが絶妙で、大変美味しゅうございましたp(^_^)q


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2017年〜
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜

「花森安治の仕事」展2017年04月09日 13:37


花森安治の仕事展チラシ

世田谷美術館で開催中(今日まで)の「花森安治の仕事」展。とてもよかったです。
表紙画の美しさはよく知られていますが、新聞広告や中吊り広告の圧倒的なアピール力にあらためて驚きます。一文字一文字バラバラに切り貼りされた写植とペン書き文字が自由自在に踊る版下には、写真やイラストがほとんどありません。意味だけでなく、ビジュアル的な要素も含めて「文字」の力を知り尽くした方だったんですよね。

花森安治の仕事展3

今回はペン書きの小さなイラストにとても惹かれました。一点一点の作品が詩情をたたえていて愛らしい。初の挿画集「美しいものを」には珠玉の言葉が並んでいます。

花森安治の仕事展4

花森安治の仕事展5

文章はことばの建築だ。だから本は釘でしっかりとめなくてはいけない。ーー花森安治は「装釘」という文字を使いました。オビが大嫌いで、当時発売された書籍や雑誌に巻かれたものには「店頭用なので買った人は破り捨ててください」と書いてある場合もあったとか(^_^;) 

花森安治の仕事展2

このイカツイ方が、あんなにリリカルな作品を生み出すのがちょっと不思議…。

花森安治の仕事展6

砧公園の桜が満開でした。用賀駅からの道筋はお散歩にぴったりのコース。チト遠いんですが、思い切って行ってよかったです。

フリーランスのためのおしゃべりサロン第62回2017年04月02日 09:35


ヒーリング体験会1

中銀カプセルタワービルのお披露目を兼ねて、「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では2日間にわたり、「ヒーリング体験会」を開催しました。備品に折り畳みベッド(トランクみたいな仕様のスグレモノ)があるので、施術サロンとしても使えます。窓から入るやわらかな光が心地よく、ヒーリングミュージックが流れると癒しの空間に早変わり。wifiでつながるスピーカー、かなりいい音なんです♪

ヒーリング体験会2

施術をしてくださるLUNAさんは、猫雑誌のお仕事をしていた時のお仲間。その後、ドッグカフェやペットシッターetc.“動物の癒し”をテーマに活動されていたのですが、昨年から人間を対象にしたヒーリングにも取り組まれています(LUNAさんのサイト→La Clarté〜ヒーリングルーム ラ・クラルテ ブログ→La Clartéブログ)。

ヒーリング体験会3

1月・2月と施術していただいたのですが、指で軽く触れていただいているだけなのに、身体が温まり、目と頭がリセットされる感じでとてもすっきりします。マッサージとも違う不思議な感覚。これはメンバーのみなさんにもゼヒ体験していただきたい!とアナウンスしたところ、すぐ満席になりました。施術後は、みなさんのお顔がお風呂上がりのように血色がよく、ツヤツヤに☆ 爆睡された方も少なくなく…。大好評でした(^_^)

ヒーリング体験会4

最終日の夜は懇親会。少し早いけどお花見イメージで、近隣から下記を調達しました。

●築地場外市場…クジラのタタキとユッケ/築地グロッケ(マグロのメンチカツ)/佃權の千代田(玉ねぎ入り練り物のベーコン巻き)/丸豊のおにぎり(ばくだんとたぬき)
●木挽町辨松…玉子焼きとうま煮
●いわて銀河プラザ…小岩井農場のほろほろチーズ/白菜漬け/限定販売の銀河高原ビール各種/純米生貯蔵原酒 春いちしぼり etc.

いずれも美味しく、おつまみやお酒の差し入れもあり、お腹いっぱいになりました。

ヒーリング体験会5

10㎡とコンパクトですが、首都高の夜景が美しく、都会の隠れ家のような空間。なにより家飲みに近い感じでくつろげるのがカプセルのいいところです。築地場外市場〜東銀座に少し詳しくなったので、カプセル飲み会、また開催したいと思いますp(^_^)q

〈追記〉

WIRKING1

1人の時はビューローにPCを置いてこんな感じでお仕事。モニタはPCと接続可能です。

WORKING2

打ち合わせの時は、ホワイトボードにもなるテーブルを広げて。スタッキングできるチェアほか、ハニカム構造のおしゃれな折り畳みスツールも揃っています(定員6名)。


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2017年〜
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜


がんばらない介護2017年03月31日 15:35


書影 がんばらない介護

介護する人のメンタルケアをテーマにした書籍「がんばらない介護」のお手伝いをさせていただきました。

いつか介護がやってくると思いつつ、当事者にならないうちは「まだ元気だし…」「縁起でもないから考えたくない」とついつい先延ばしにしがち。そして、いざ直面すると大変さに悩み、仕事や育児との両立に疲れ果ててしまう…。がんばりすぎた結果、介護うつや介護離職に至ることも少なくありません。さらに追い詰められて引き起こされるのが、虐待や介護心中などの痛ましい事件です。

著者の橋中今日子さんは、理学療法士として病院に勤務するかたわら、認知症のお祖母様、重度身体障害のお母様、知的障害の弟さんの3人をシングルで21年間介護してきた方。現在は、ご自身の経験をもとに、全国の市区町村や企業で「がんばらない介護」を伝え、介護離職を防止する研修やセミナーなど、多彩な活動を展開されています。

今回の本は、ご自身のブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」によせられた数多くの悩みから生まれました。介護する人に寄り添いたいとの橋中さんの思いから、具体的なエピソードを紹介し、悩みや質問に答えるかたちで展開しています。タイトルや見出しを話し言葉にして、ソフトな雰囲気にまとめました。複雑な介護保険の仕組みも「これさえ押さえればだいじょうぶ!」という実践的な内容になっています。

介護関連のお仕事は、和田秀樹先生の「働きながら、親をみる―自分の人生をあきらめない介護」以来、2冊目ですが、介護休業や時短勤務etc.の選択肢が増え、仕事と両立がしやすい環境が少しずつ整いつつあります。ただし、介護保険にしろ、介護休業にしろ、情報を知らなければ活用することもできません。まわりに介護する方がいらっしゃればぜひご一読ください。介護予備軍の方、介護中の方に役立つ情報満載です。

●がんばらない介護
著者:橋中今日子
発売:ダイヤモンド社(コチラで立ち読みできます)
オンライン書店:アマゾン楽天ブックスhonto
価格:1500円+税
発売:2017年3月

[内 容]
だいじょうぶ。もっとラクなやり方、ありますよーー。認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟を1人で21年間介護してきた、理学療法士だからわかる「介護の心を軽くする36のコツ」。介護のつらさや苦しさを1人で抱え込まず、周囲の人たちと負担をわかちあいながら「がんばらない介護」を実践するための情報を紹介。

[目 次]
第1章 「1人でがんばらなくていいんですよ」
     ―介護保険制度やサービスを使いこなす方法
    「どこに相談すればいいの?」
     →迷ったら“介護のよろず相談所”地域包括支援センターへ
    「制度が複雑でわからない…」
     →介護のことは自分で勉強せず、専門家に聞くのが早い etc.
〈教えて介護保険1〉一番下の「要支援1」でも介護サービスが受けられる

第2章 「仕事を辞める必要はないんですよ」
     ―介護と仕事を両立させる方法
    「介護の大変さ、わかってほしい」
     →1人で抱え込まず、愚痴や弱音を吐ける相手や場所をつくる
    「特別扱いはできないよ」
     →介護休暇をフル活用し、有給休暇は自分のために使う etc.
〈教えて介護保険2〉「要介護2」より「要介護3」のほうが使えるサービスの幅が広がる

第3章 「家族だからって辛抱しなくていいんですよ」
     ―家族間のトラブルを解決する方法
    「あの親の介護をなぜ私が?」
     →関係がよくない親なら、愛ある介護じゃなくていい
    「私1人に押しつけないで!」
     →きょうだいとは得意なことを分担、親戚はイイトコどりで etc.
〈教えて介護保険3〉「要介護」のランクがあがらないときは伝え方を変える

第4章 「息抜きの時間が一番大切なんですよ」
     ―“介護うつ”にならない方法
    「施設に行かせるのはかわいそう」
     →親がいやがるのは最初だけ。介護サービスはどんどん利用する
    「入浴や食事をゆっくりしたい!」
     →介護の場から完全に離れて、自分の時間をつくる etc.
〈教えて介護保険4〉 施設での介護が現実的になる「要介護4」

第5章 「自分の人生を優先していいんですよ」
    ―介護で人生をあきらめない方法
    「たびたび帰省する時間がない」
     →遠距離介護こそ、介護サービスをフル活用する
    「私だけ幸せになっていいの?」
     →介護を理由に、恋愛や結婚をあきらめてはいけない etc.
〈教えて介護保険5〉「要介護5」では、施設の活用のしかたがカギになる

〈追記〉
「がんばらない介護」の特集ページに掲載されている、落合恵子さんとの対談をまとめさせていただきました。落合さんのエッセイ「母に唄う子守唄ーわたしの介護日誌」「同 その後」は、介護の日々と同時進行で新聞連載されていたものです。つらく哀しく苦しい思いがおありだったでしょうに抑えた筆致で書かれていて感銘を受けました。

母に唄う子守唄.jpg

中銀カプセルタワービルで仕事しています2017年03月29日 13:22


中銀カプセルタワー
写真撮影:蔵プロダクション

今月より、銀座にある中銀カプセルタワービル内にあるシェアオフィスの会員になりました。黒川紀章氏設計によるメタボリズム建築の代表的な作品です。首都高から見える特徴的な外観をご存じの方も多いのではないでしょうか。

中銀カプセルタワー室内2
写真撮影:蔵プロダクション

フリーランスになって以来、ずっとホームオフィスでやってきましたが、シェアオフィスには以前から興味があり、都心に拠点があるのもいいなあ…と思っていました。ただ、ロケーションやスペース的に決め手になる物件がなかなかなく…。

今回、知人の建築士、いしまるあきこさんが企画されているプロジェクト(名建築を公平に使いつつ維持することを目的にした仕組みづくり)のご案内をいただいたご縁で、内覧した時、首都高に面した丸窓から見える眺望に一目惚れし、会員になりました。

中銀カプセルタワー室内
写真撮影:蔵プロダクション

建て替え問題etc.で揺れるワケアリ物件ですが、都心にある名建築を利用できる機会もそうそうないので、とりあえず半年間、利用してみようと思います。お借りしているカプセルは建築当時の面影がかなり残っているうえ、きれいにリノベしてあり、宇宙船のような室内はとても落ち着きます。

中銀カプセルタワーカプセル外観
写真撮影:蔵プロダクション

今月は親しい人たちをお招きしたほか、東京建築アクセスポイント代表の和田菜穂子さん(黒川紀章の秘書をなさっていた方です)の「夜の茶話会」に参加しました。築地にも近いので、東銀座や築地市場の美味しいモノを物色中です。(^_^)

原則、火曜(または月曜)に個人オフィスとして使わせていただいています。約10㎡とコンパクトですが、他のメンバーと同時には使わないので、意外に広々。こもって作業or打ち合わせにはピッタリです♪ お近くにいらした際はお立ち寄りくださいませ。

中銀カプセルタワー書籍

「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」のクラウドファンディングで刊行された書籍「中銀カプセルタワービル〜銀座の白い箱舟」。記事満載&写真多数。中銀カプセルの魅力がぎゅっと詰まった内容です。プロジェクト代表の前田達之さんのインタビューもゼヒご覧ください。