がんばらない介護2017年03月31日 15:35


書影 がんばらない介護

介護する人のメンタルケアをテーマにした書籍「がんばらない介護」のお手伝いをさせていただきました。

いつか介護がやってくると思いつつ、当事者にならないうちは「まだ元気だし…」「縁起でもないから考えたくない」とついつい先延ばしにしがち。そして、いざ直面すると大変さに悩み、仕事や育児との両立に疲れ果ててしまう…。がんばりすぎた結果、介護うつや介護離職に至ることも少なくありません。さらに追い詰められて引き起こされるのが、虐待や介護心中などの痛ましい事件です。

著者の橋中今日子さんは、理学療法士として病院に勤務するかたわら、認知症のお祖母様、重度身体障害のお母様、知的障害の弟さんの3人をシングルで21年間介護してきた方。現在は、ご自身の経験をもとに、全国の市区町村や企業で「がんばらない介護」を伝え、介護離職を防止する研修やセミナーなど、多彩な活動を展開されています。

今回の本は、ご自身のブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」によせられた数多くの悩みから生まれました。介護する人に寄り添いたいとの橋中さんの思いから、具体的なエピソードを紹介し、悩みや質問に答えるかたちで展開しています。タイトルや見出しを話し言葉にして、ソフトな雰囲気にまとめました。複雑な介護保険の仕組みも「これさえ押さえればだいじょうぶ!」という実践的な内容になっています。

介護関連のお仕事は、和田秀樹先生の「働きながら、親をみる―自分の人生をあきらめない介護」以来、2冊目ですが、介護休業や時短勤務etc.の選択肢が増え、仕事と両立がしやすい環境が少しずつ整いつつあります。ただし、介護保険にしろ、介護休業にしろ、情報を知らなければ活用することもできません。まわりに介護する方がいらっしゃればぜひご一読ください。介護予備軍の方、介護中の方に役立つ情報満載です。

●がんばらない介護
著者:橋中今日子
発売:ダイヤモンド社(コチラで立ち読みできます)
オンライン書店:アマゾン楽天ブックスhonto
価格:1500円+税
発売:2017年3月

[内 容]
だいじょうぶ。もっとラクなやり方、ありますよーー。認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟を1人で21年間介護してきた、理学療法士だからわかる「介護の心を軽くする36のコツ」。介護のつらさや苦しさを1人で抱え込まず、周囲の人たちと負担をわかちあいながら「がんばらない介護」を実践するための情報を紹介。

[目 次]
第1章 「1人でがんばらなくていいんですよ」
     ―介護保険制度やサービスを使いこなす方法
    「どこに相談すればいいの?」
     →迷ったら“介護のよろず相談所”地域包括支援センターへ
    「制度が複雑でわからない…」
     →介護のことは自分で勉強せず、専門家に聞くのが早い etc.
〈教えて介護保険1〉一番下の「要支援1」でも介護サービスが受けられる

第2章 「仕事を辞める必要はないんですよ」
     ―介護と仕事を両立させる方法
    「介護の大変さ、わかってほしい」
     →1人で抱え込まず、愚痴や弱音を吐ける相手や場所をつくる
    「特別扱いはできないよ」
     →介護休暇をフル活用し、有給休暇は自分のために使う etc.
〈教えて介護保険2〉「要介護2」より「要介護3」のほうが使えるサービスの幅が広がる

第3章 「家族だからって辛抱しなくていいんですよ」
     ―家族間のトラブルを解決する方法
    「あの親の介護をなぜ私が?」
     →関係がよくない親なら、愛ある介護じゃなくていい
    「私1人に押しつけないで!」
     →きょうだいとは得意なことを分担、親戚はイイトコどりで etc.
〈教えて介護保険3〉「要介護」のランクがあがらないときは伝え方を変える

第4章 「息抜きの時間が一番大切なんですよ」
     ―“介護うつ”にならない方法
    「施設に行かせるのはかわいそう」
     →親がいやがるのは最初だけ。介護サービスはどんどん利用する
    「入浴や食事をゆっくりしたい!」
     →介護の場から完全に離れて、自分の時間をつくる etc.
〈教えて介護保険4〉 施設での介護が現実的になる「要介護4」

第5章 「自分の人生を優先していいんですよ」
    ―介護で人生をあきらめない方法
    「たびたび帰省する時間がない」
     →遠距離介護こそ、介護サービスをフル活用する
    「私だけ幸せになっていいの?」
     →介護を理由に、恋愛や結婚をあきらめてはいけない etc.
〈教えて介護保険5〉「要介護5」では、施設の活用のしかたがカギになる

〈追記〉
「がんばらない介護」の特集ページに掲載されている、落合恵子さんとの対談をまとめさせていただきました。落合さんのエッセイ「母に唄う子守唄ーわたしの介護日誌」「同 その後」は、介護の日々と同時進行で新聞連載されていたものです。つらく哀しく苦しい思いがおありだったでしょうに抑えた筆致で書かれていて感銘を受けました。

母に唄う子守唄.jpg

中銀カプセルタワービルで仕事しています2017年03月29日 13:22


中銀カプセルタワー
写真撮影:蔵プロダクション

今月より、銀座にある中銀カプセルタワービル内にあるシェアオフィスの会員になりました。黒川紀章氏設計によるメタボリズム建築の代表的な作品です。首都高から見える特徴的な外観をご存じの方も多いのではないでしょうか。

中銀カプセルタワー室内2
写真撮影:蔵プロダクション

フリーランスになって以来、ずっとホームオフィスでやってきましたが、シェアオフィスには以前から興味があり、都心に拠点があるのもいいなあ…と思っていました。ただ、ロケーションやスペース的に決め手になる物件がなかなかなく…。

今回、知人の建築士、いしまるあきこさんが企画されているプロジェクト(名建築を公平に使いつつ維持することを目的にした仕組みづくり)のご案内をいただいたご縁で、内覧した時、首都高に面した丸窓から見える眺望に一目惚れし、会員になりました。

中銀カプセルタワー室内
写真撮影:蔵プロダクション

建て替え問題etc.で揺れるワケアリ物件ですが、都心にある名建築を利用できる機会もそうそうないので、とりあえず半年間、利用してみようと思います。お借りしているカプセルは建築当時の面影がかなり残っているうえ、きれいにリノベしてあり、宇宙船のような室内はとても落ち着きます。

中銀カプセルタワーカプセル外観
写真撮影:蔵プロダクション

今月は親しい人たちをお招きしたほか、東京建築アクセスポイント代表の和田菜穂子さん(黒川紀章の秘書をなさっていた方です)の「夜の茶話会」に参加しました。築地にも近いので、東銀座や築地市場の美味しいモノを物色中です。(^_^)

原則、火曜(または月曜)に個人オフィスとして使わせていただいています。約10㎡とコンパクトですが、他のメンバーと同時には使わないので、意外に広々。こもって作業or打ち合わせにはピッタリです♪ お近くにいらした際はお立ち寄りくださいませ。

中銀カプセルタワー書籍

「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」のクラウドファンディングで刊行された書籍「中銀カプセルタワービル〜銀座の白い箱舟」。記事満載&写真多数。中銀カプセルの魅力がぎゅっと詰まった内容です。プロジェクト代表の前田達之さんのインタビューもゼヒご覧ください。

「家族の肖像」デジタル完全修復版2017年02月10日 16:21


家族の肖像フライヤー

「家族の肖像」と呼ばれる家族の団欒画コレクションに囲まれて、ローマの豪邸に1人暮らす老教授。失われたものたちに埋もれ、孤独に生きていた生活が、ある家族の闖入によってかき乱されていく——

家族の肖像パンフ

生誕110年、没後40年を記念して昨年から再公開が続く、ヴィスコンティ作品の掉尾を飾るのが「家族の肖像」です。日本では1978年の初公開時から数えて、実に39年ぶりにスクリーンに蘇ります。えっ、そんなに経ってるの?と驚きましたが、昔はリバイバル上映する名画座がまだまだあったんですね。

ヴィスコンティ作品は短編のドキュメンタリー以外はすべて見ていますし、何回も見直している作品もありますが、「家族の肖像」は映画祭やテレビ放映etc.でも機会がなく、ほんとうに久しぶりに見ることができました。

絢爛豪華な貴族の世界とはまた違うテイストの作品。前年に病に倒れたため、完全な室内劇ですが、緻密に計算されたヴィスコンティの演出の凄みが伝わってきます。若い頃はストーリーを追いがちですが、老教授の心境にシンクロして見てしまうのは、それだけ歳をとったということでしょう(苦笑)

家族の肖像パンフ2

バート・ランカスターの渋い老教授役は素敵ですが、やっぱりヴィスコンティ映画のヘルムート・バーガーは別格です。どのシーンでも存在感があり、ファッションも決まっていて、あと10年ヴィスコンティが生きていたら、彼も名優と呼ばれ、ランカスターのような役を演じることもあったのでしょうか。去年、怪作「俳優、ヘルムート・バーガー」というドキュメンタリーを見てしまったので、余計にそう思うのでした…。

デジタル完全修復版の制作には、イタリアのファッションブランドFENDIが協力したそうです。全体にアンダーな画面ですが、シルヴァーナ・マンガーノが着用している毛皮のコートの質感が見事に再現されていました。レトロなアパルトマンがモダンなインテリアに生まれ変わる場面もイタリアらしく、興味深かったです。

「家族の肖像」デジタル完全修復版
監督・脚本/ルキーノ・ヴィスコンティ
出演/バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ヘルムートバーガーetc.
イタリア=フランス/1974年/121分
2017年2月11日より岩波ホールほか、全国順次ロードショー!


フリーランスのためのおしゃべりサロン第61回2017年01月22日 11:27


新年会 富士山冠雪

寒中お見舞い申し上げます。さて、先日「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では新年会を行いました。会場は昨年に引き続き、8年連続で新宿副都心にあるパークハイアット東京和食のお店「梢」では3年連続でお世話になっています。新年会にふさわしい快晴で、冠雪した富士山を思う存分、眺めることができました。副都心ならではの雄大な景色もご馳走の1つです。

新年会 先付け

先付けとお椀はしみじみと美味しく、新年らしい器で気分がぐっと上がります。

新年会 ふくさ

メインのお弁当は二段重ねのお重。ティーコゼーのようにちりめんの袱紗ですっぽりと覆われています。わくわく感が増すしゃれた演出です。

新年会 お弁当

お重を開けると真っ先に飛び込んでくるのが富士山の形の器。こぢんまりしているように見えて、お造り・煮物・焼き物etc.ボリュームもしっかりあり、食べ応えがあります。おせちとはまた違った新年らしいメニューで、大満足しました。

新年会 ピークラウンジ

梢のランチプランが素敵なのは、デザートを最上階のピークラウンジでいただけること。大きく吹き抜けた空間はガラス張りの天井から明るい光が降り注ぎ、パワースポット的なすがすがしさを感じます。好みのスイーツがチョイスでき、ドリンクはおかわり自由。しかも種類を変えられるという素晴らしさです。

新年会 みんなで

今回はご自身やご家族が体調を崩された方が多く、参加者が少なめでしたが、そのぶん全員でじっくりおしゃべりできました。新年の抱負や今の課題etc.をざっくばらんにカミングアウト(?)できるのは貴重な機会ですよね。夕陽に染まる富士山を拝む時間まで話題はつきず、モチベーションが上がりました♪

新年会 富士山夕陽

毎年、新年会の幹事をしてくださるYさんには心から感謝です。2017年のスタートにふさわしい充実の新年会でした。今年もどうぞヨロシクお願いいたします(^o^)/


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜

あけましておめでとうございます2017年01月05日 06:32


2017年賀

あけましておめでとうございます。

2017年がいよいよスタート。
楽しいコトが先ドリできて
ハッピーなアレコレがどんどんトリこめる
素敵な1年でありますように☆

今年もどうぞヨロシクお願い申し上げます!