bayfm78に出演しました!2016年03月13日 09:25


田中美里MORNING CROUSIN’

bayfm78で毎週土曜朝に放送されている『Sompo Japan Nipponkoa presents MORNING CROUSIN’』に出演しました。女優の田中美里さんがDJを務められる番組です。スタッフの方が「日本の最も美しい図書館」を見つけてくださり、お声がけがありました。

J-WAVEの時はLIVEでしたが、今回は事前収録。映画「図書館戦争」に登場している図書館や、北陸にある図書館、関東近郊の図書館etc.いろいろお話したものの、どんな編集になっているか、ドキドキしながら、放送日を迎えました。

聴いてみると・・・番組全体が図書館特集になっていました! 美里さんが図書館好き、本好き、北陸出身でいらっしゃることもあり、内容的にもツボだったようですp(^_^)q 番組HPにも掲載されています。ありがとうございました!

おさるのジョージとしょかんへいく

番組の中で「図書館」が出てくる作品として、「おさるのジョージ としょかんへいく」と、アルゼンチンの作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「バベルの図書館」(岩波文庫の「伝奇集」etc.で読めます)をご紹介しました。

ボルヘス伝奇集

しかし、自分の声を聴いてみて、DJやパーソナリティを務められる方の声って素晴らしいなあ…とあらためて感じます。耳に心地よく響いて、しかもわかりやすくて。美里さんの声は、女性らしい甘さもあって魅力的ですよね。ファンが多いのも納得です。話し方だけでも見習いたいと思いました(^_^;) 

フリーランスのためのおしゃべりサロン第54回2016年03月14日 12:30


棚卸し講座1

三寒四温で落ち着かない天候ですが、3月もはや中旬、春の足音を感じます。さて、「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では先月、少人数制の勉強会を2回開催しました。

タイトルは「自分を見える化して、目標を発見!〜自分の棚卸し講座」。プロフィールを見直ししつつ、ポートフォリオの作り方を考え、客観的なアドバイスとワークを通じて今後につなげようという趣旨です。大変センエツながら、フリーランス歴20年超の立野井が講師を務めさせていただきました。とりあえず、3年5年10年…のつもりでやってきたら、いつのもにかこんな年数になっていました…(苦笑)

フリーランスにとって、セルフブランディングは必須ですが、自分のコトはつい後回しになりがち。某メンバーのプロフィールを添削した時、「まとまらないのは文章力じゃなく自分の棚卸しが不十分だからだと思う」と伝えたら「需要があるんじゃない?」と言われ、一度やってみることに。確かにそういう相談をする場所ってないんですよね。

棚卸し講座2テキスト

本業バッチリの会はやっていなかったこともあり、アナウンスしたらあっという間に満席になりました。「仕事の方向性」をどうするかは、フリーランスにとって永遠の課題。最初は仕事をこなすことで精一杯ですが、シフトチェンジを迫られる時期が必ずやってきます。続けていくには、「自分の棚卸し」をして、自分自身を「見える化」し、新しいご縁をはぐくんでいく準備をしておかなくちゃならないんですね。

ご自身のツールをお持ちになった方もあり、刺激的な会でした。私自身、2回連続やらせていただいたことで、たくさんの気づきを得ることができました。お仕事の内容は違っても、共通する部分が多いんですよね。終了後、アンケートを見たら、おおむね好評だったので、定例の会とは別に続けていけないかと考えています。

棚卸し講座お弁当

会場はフラワーデザイナー、杉浦美穂さんのサロンでした。美穂さんによる創作和食のお弁当も大好評。ヘルシーで美味しく、塗りの器も可愛く、きめ細やかなおもてなしで、講座後のおしゃべりがさらに盛り上がりました(^_^) 彼女のおかげで、講座が実現したことに感謝しています。美穂さん、あらためてありがとう! 


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜

フリーランスのためのおしゃべりサロン第55回2016年03月28日 17:03


数秘の会1

桜の花もほころび始め、春本番も間近です。さて、「フリーランスのためのおしゃべりサロン(略称:FOS)」では、数秘の会を開催。新年度に向けてGO!GO!な55回目を迎えました。

講師は数字づかいのMINAEさんから、免許皆伝になったばかりのフラワーデザイナー、杉浦美穂さん。数秘は「カバラ数秘」とも呼ばれるもので、数字の意味を知り、生年月日から導き出した「スピリチュアルナンバー」「エンジェルナンバー」「チャレンジナンバー」の3つをもとに、その人の本質や使命を知るというものです。

数秘の会2

数秘では時代は9年サイクルでまわっていて、今年は「2+0+1+6=9」で,締めくくりにあたる「9」の年。来年は「1」の年なので、世界的に変革期を迎えるそうです。ちなみに前回の2008年は、リーマンショックがあり、オバマ大統領が当選した年でした。ユダヤの人たちに成功者が多いのは、数秘を知っているからとも言われていますよね。

個人のサイクルは、生年月日によって変わりますが、参加者は8の終わりから9〜1、1の終わりというメンバーばかり。自分では気づかないうちに、新しいサイクルを意識しているのかもしれません。マジックナンバーと言われるゾロ目の「11」、パワーを示す「8」の比率が高かったのも、フリーランスらしいなーと思いました(^_^) 

数秘の会3

大人になると、またフリーランスの場合は特に、自分で目標を設定する必要があるので,数秘のような指針があるとガンバリやすいですよね♪ 身近な人の数字から、性格や人間関係を読み解くと「当たってる!」「そうだったの!」と大盛り上がりでした。

お勉強会のあとは美穂さんの素敵な手料理でプチパーティ。オーガニックのオーストラリア産ワインで乾杯! 赤のスパークリングは珍しいですよね。とても口当たりがよくスイスイ飲めてしまいます。デザートも美味しかった! ありがとうございました。

数秘の会4

当日の様子は美穂さんのブログにも掲載されています。数秘の勉強会やコンサルは、個人orグループどちらでもOKなので、ご興味ある方はゼヒ。師匠のMINAEさんのブログ、連日おもしろい記事がUPされていて愛読しています。どうぞご覧くださいませ(^o^)/


☆「フリーランスのためのおしゃべりサロン」過去のレポート
〜2016年〜
〜2015年〜
〜2014年〜
〜2013年〜
〜2012年〜
〜2010年〜

住まいるライフ vol.42016年03月30日 10:30


住まいるライフ表紙

全労済のPR誌「住まいるライフ」。昨年、「住まいる共済」(イメージキャラクターは向井理クン)が誕生したのを機に創刊された情報誌です。今回のテーマは「住まいの明かり×防犯・盗難対策」。3号に続き、2つの特集記事を担当させていただきました。

住まいるライフ特集1

第1特集は、お祖父様の代から受け継ぐ土地家屋を、賃貸住宅が入る集合住宅に建て替えたケースをご紹介。全戸がロフト付きのモダンな間取りで、空き室待ちになるほどの人気物件だそうです。賃貸も競争が激しい時代ですから、個性的な物件じゃないと収益が上がらないですよね。ご自宅にはグランドピアノが入る広々としたLDKを実現。明るさや光の色が変えられる照明プランで空間がいっそう引き立っているのが印象的でした。

住まいるライフ特集2

第2特集では、新宿にあるパナソニックの「リビングショウルーム東京」を取材。国内トップシェアのメーカーだけあって最新の照明設備が体験できます。驚いたのはLED照明の進化。省エネの視点だけでなく、光の広がり方や明るさ、色etc.がコントロールしやすくなっていて、光をインテリアとして使う機能が充実しているのにビックリしました。

最近のトレンドは「一室複数灯」と言い、ダウンライトを必要箇所にちりばめ、複数の照明で明るさをつくるのが主流になっています。また、壁際や家具の裏etc.に照明を配置する「建築化照明」をプラスするケースも増えています。器具を目立たせず、自然な雰囲気であかりを楽しむ、ホテルライクな照明を希望する方が多いそうです。

家具のセレクトやコーディネートに比べ、照明は日本人にとってハードルが高いと思っていましたが、調色や調光がしやすいLED照明の普及でライティングに対する意識がかなり変わっていくことでしょう。実際のお部屋をイメージしたシミュレーションコーナーや展示が充実していて、とても刺激的な取材でした。