アニエスの浜辺2009年09月23日 23:50

アニエスの浜辺
先日、「アニエスの浜辺」の試写会に行ってきました。「ヌーベル・バーグの母」とも呼ばれる映画作家、アニエス・ヴァルダの自伝的ドキュメンタリーです。

案内状を見た時、「えっ、まだご存命だったの?」と失礼極まりない反応をしてしまったのですが、81歳の今なお、創作意欲は衰えず。レニ・リーフェンシュタール亡き現在、世界最高齢の女性監督でしょう。

彼女の人生を彩ってきたベルギー、フランス、アメリカ西海岸の浜辺を巡る旅を思い立ったアニエス。回想の中で紡がれる思い出の数々は、個人的なメモリアルを超え、現代史、映画史そのもの。カメラマン出身らしい美しい映像で描き出されます。

彼女自身の生い立ち、創作活動の中で出会った大勢の映画人たち。「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」などミュージカル映画の名作をつくった亡き夫、ジャック・ドゥミとの生活。不治の病に倒れた彼の不在を嘆き、涙ぐむアニエスの姿は一人の女性としてのチャーミングさが漂います。

しかし、アーティストとしては、今なお現役、これからも現役。長いキャリアを持つ大人の女性の風格を漂わせながらもキュートで、若いスタッフの心をつかむ、みずみずしい感性とユーモアはさすがです! フランスにはシャネルやジャンヌ・モローなど、年齢を重ねても魅力を失わず、エレガントで男前な女性がたくさんいますね。足元にもおよぴませんが、心意気だけでも見習いたいものだ・・・と思います(^_^;) 

☆特集上映「アニエス・ヴァルダの世界」
http://www.iwanami-hall.com/contents/special/special.html
9月26日〜10月9日、岩波ホールにて開催!
(アニエスと夫ジャック・ドゥミの7作品を上映。東京日仏学院に続く第2部です)

☆映画「アニエスの浜辺」
http://www.zaziefilms.com/beaches/
監督・脚本/アニエス・ヴァルダ
出演/ジャック・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキンほか
フランス/2008年/113分
10月10日(土)より、岩波ホールでロードショー!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムが続いたため、クイズ認証を設定しました。日本の首都はどこですか? 漢字2文字でお答えください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://officesasaki.asablo.jp/blog/2009/09/23/4594371/tb