シャネルの2つの映画2009年09月22日 23:08

シャネルの2つの映画
シャネルの映画を続けて2本見ました。しかし、経済的にも雰囲気的にも好み的にもまったく無理なので、シャネラーではございません。念のため(^_^;) 

オドリィ・トトゥ主演(「アメリ」の女の子がすっかり大人の女性に!)の「ココ・アヴァン・シャネル」は、若き日のシャネルの物語。財産も教育もない孤児の彼女がデザイナーとして自立していくまでを描いています。シャーリー・マクレーン主演の「ココ・シャネル」は、15年の沈黙を経て70歳にして復帰。その最初のコレクションが不評に終わるなか、過去を回想するところからスタートします。エピソードが重なりつつも、アプローチが全然違うので両方楽しめました。

「アヴァン〜」のほうは孤児院で育ったシャネルの不幸な生い立ち、上流階級の愛人に冷たい仕打ちを受けながらも、才能と機知とセンスで切り込んでいく姿が痛快です。コルセットで身体を締め上げ、装飾の多いドレスをまとうのが当然だった時代。シャネルが提唱したシンプルでラクに着られるモードがいかに斬新で鮮烈なメッセージを放っていたことか! ファッションとは主張であり、個性であり、生き方であるとことがよくわかります。

シャネルはかなり痩せた人だったので、当時の服装が似合わなかったせいもあるのでしょう。しかし、紳士物の生地でつくったジャケットやドレス、ゆったりした部屋着でもあるパジャマ、漁師の服から着想を得たマリンルックなど、定番スタイルの数々がシャネルによるものだと初めて知りました。主演のトトゥがこれまた、その手の服がハッとするほど似合うんですよね〜強い意志を秘めた彼女の眼差しにホレボレしてしまいました。

「ココ・シャネル」では、帽子デザイナーとしての出発、着心地のいいジャージー素材を使ったスポーツウェアなどで支持を集めていくプロセスも描かれていました。酷評された最初のコレクションの失敗にめげず、不屈の闘志を燃やすシャネル。今では誰もが知るシャネル・スーツを中心にした復帰2回目のコレクションは、とても素敵で見とれてしまいます・・・現代でもまったく古びない究極のエレガンスはやっぱりさすが! 彼女の晩年までの生涯を知りたい方にはこちらがおすすめですね。

しかし、ココ・シャネルという人は自分の美意識と才能を貫いた、すごい女性だったのですね。世界的な成功と華麗な人脈の影に隠れた、哀しい生い立ちと愛する人との別れ。まさにドラマティックな人生です。彼女をテーマにした映画や舞台が続々と登場するのも納得。来春にはなんと下記の映画も公開されるそうです。

☆映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
http://chanel-movie.com/
(公式サイトなのにまだトップページだけ・・・)
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/index.html
(ずずっと下にスクロールしてください。2010年お正月第2弾ロードショー予定)

☆映画「ココ・アヴァン・シャネル」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/cocoavantchanel/
監督/アンヌ・フォンテーヌ
原作/エドモンド・シャルル=ルー
出演/オドレイ・トトゥ、ブノワ・ボールブールド、マリー・ジランほか
フランス/2009年/110分
丸の内ピカデリーほか、全国ロードショー!

☆映画「ココ・シャネル」公式サイト
http://coco-chanel-movie.jp
監督/クリスチャン・デュゲイ
出演/シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァほか
アメリカ・フランス・イタリア/2008年/138分
Bunkamuraル・シネマほか、全国ロードショー!